東京ステーションホテルのゲストラウンジ「アトリウム」~朝食ブッフェ編~

東京ステーションホテルのゲストラウンジ「アトリウム」~朝食ブッフェ編~ トラベル
東京ステーションホテルのゲストラウンジ「アトリウム」~朝食ブッフェ編~
Koro
Koro

好奇心旺盛な車いす女子ブロガーのコロです。DisabilityLogで、デザイン・システム全般を総括するディレクターを担当しています。可愛いもの・ディズニー・オシャレが大好きです。デジタルアートやNFTにも興味があります!

彼是しているうちに、

月日は流れてしまいましたが、、

新年、あけましておめでとうございます!

いつも、DisabilityLogのブログをご購読してくださる皆様や

たまたま見に来てくださった方にも、改めて、ご挨拶を込めて。

Koro
Koro

今年も、DisabilityLogをよろしくお願いいたします!!

2023年も読者の皆様にとって、素敵な1年になりますように…

DisabilityLogでは、障害の有無にかかわらず、皆が楽しめる記事を更新しております。

前回のブログで、私は東京ステーションホテルの第2弾として、ディナー編を書かせて頂きました。

Go To Eat Tokyoのキャンペーン、もうそろそろ終了してしまいます。

その前に、オシャレな場所で、美味しいものを堪能してしまいましょう。

所謂、「ガストロノミーツーリズム」!?

そんなところにおすすめのあの場所といえば、何処でしょう?

そう。昨年から紹介し続けてきた、

東京駅の中にある東京ステーションホテル

その最上階にある、極上の朝食を味わえるアトリウム。

Koro
Koro

今回の記事では、東京ステーションホテルの第3弾として、

朝食ブッフェ編(アトリウム)について紹介させて頂きます。

朝から豪華で、優雅な朝食を楽しめるホテルのブッフェ。

気になる中身は、いかに!?

それでは、コロの新年最初のブログツアー、スタート!!

ゲストラウンジ「アトリウム」

東京ステーションホテルの朝食の予約方法

アトリウム|東京ステーションホテル【公式】
ゲストラウンジ「アトリウム」では、駅舎の屋根裏という唯一無二の空間でスペシャルディナーをお楽しみいただけます。

朝食付き宿泊セットのプランではない限り、東京駅の屋根裏のアトリウムでお食事する場合、

ネットで事前オンライン予約、もしくは電話での申し込みが必要になります。

すぐに予約が埋まってしまうほどの人気な場所なので、なかなか予約がとりづらいのも現実。

私も過去に、東京ステーションホテルでアフタヌーンティーを予約しようとしましたが、全滅でした。

予約開始日を予想しながら、約1か月前くらいから作戦立てて、予約開始と同時に申し込むとよいかも…。

朝食ブッフェの魅力

東京ステーションホテルの朝食ブッフェの魅力は、公式ホームページにも記載されています。

宿泊者以外の方でも予約できれば、朝食だけを食べに行くこともOK。

その割合、どのくらいいるのか気になるところ。。。

新スタイルのアトリウム朝食ブッフェ|東京ステーションホテル【公式】

営業時間

<朝食のご案内>
内容:和洋食ブッフェ
場所:ゲストラウンジ「アトリウム」(4F)
時間:6:30~10:30
※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、営業内容が変更になる場合がございます。

メニュー案内
メニュー一覧&営業時間のご案内

意外と朝早くからやっているんです。

7時くらいには、すでに混雑していました。

なので、宿泊者は特に、行くなら朝一で行くことを強くお勧めします。

アクセス

客室専用のアトリウム専用のエレベーターで4階に行くと、朝食会場は目の前にあります。

アトリウムまでの行き方・4階フロアマップ
アトリウムまでの行き方・4階フロアマップ

宿泊者以外の方は、東京ステーションホテル1階のロビーのゲストリレーションデスクにお立ち寄りください。エントランスで目的を告げると、客室専用エレベーターに案内されます。

バリアフリー

エレベーター

他の客室エレベーターと同様に、金ぴかで豪華なエレベーターでした。

奥行きがあり、上のほうは少し鏡で反射するので、後ろバックもOK。

横にもボタンがあり、車いすユーザーでも押しやすく、乗り降りしやすいです。

トイレ

トイレに行くまでの間に、手すりや車いすマークの案内表示もありました。

アトリウムに入って右側に少し行くと、お手洗いがあります。

4階のトイレは、東京ステーションホテルの中でも新しいほうなのかもしれません。

そのくらい綺麗でした。多目的トイレは車いすのままでも、余裕に入れる広さでした。

トイレットペーパーの位置はちょうどいいくらいかもしれませんが、ただ、ティッシュの位置は少し高いかもしれないので、背の低い方はハンカチを持参しておくとよいでしょう。

お手伝いして頂いたこと

朝食チケットを提示した後、まずは、入りやすい席の確保。

その際、車いすのままでも入れるよう、椅子をどかしていただきました。

次に、4階のアトリウムのスタッフの方に何度かお食事を運んでいただきました。

車いすのまま重たい物を持ちながら移動するのは難しいので、助かりました。

何人かスタッフはいたので、その流れは非常にスムーズで待たずに済みました。

言わなくても片づけてくれたり、気づいてくださるスタッフさんの気遣いにも感激。

手伝ってもらいたい場合、事前に何時ごろになるか、伝えておいた方が親切かと思います。

東京ステーションホテルの贅沢な朝食メニュー東京駅の秘密の屋根裏

朝食のご案内|東京ステーションホテル【公式】
駅舎中央最上階に位置するゲストラウンジ「アトリウム」で、宿泊者限定の朝食ブッフェをお楽しみいただけます。ロビーラウンジやルームサービスの朝食もご案内いたします。

写真で振り返る「アトリウム」

東京ステーションホテルの朝食ブッフェ会場「アトリウム」の景色を、写真で振り返ります。

本棚やソファー席、テレビまでありました。

何から何にしても、すべてが高級感あふれています。

東京駅の模型も飾られていました。このホテルのど真ん中の最上階で食べているという事実…!

東京駅の模型
東京駅の模型
東京駅の模型(横から)
東京駅の模型(横から)
東京駅の模型(夜)
東京駅の模型(夜の全体像)

ゲストラウンジ「アトリウム」の朝食ブッフェ

今まで宿泊したホテルでの朝食の中で、一番素晴らしかったです。

念願の場所で、とっておきの朝ごはんをゆっくり頂きました。

東京駅の最上階のアトリウムで、実際に、どんな料理を食べたのか、食レポしたいと思います。

ゲストラウンジ「アトリウム」の朝食ブッフェ1
ゲストラウンジ「アトリウム」の朝食ブッフェ1

色んなものが提供されていて、どれも少しづつ取り分けていたら、テーブルに載せきれないくらいの量になってしまいました。

こんなにおいしい朝食がたくさん食べられるなんて。。そうそうないかも。

ゲストラウンジ「アトリウム」の朝食ブッフェ2
ゲストラウンジ「アトリウム」の朝食ブッフェ2
Koro
Koro

東京ステーションホテルでの朝食、美味しくて、、

ついつい、たくさん食べてしまいました。

【東京ステーションホテルシリーズ】

第1弾:バリアフリー編

第2弾:ディナー編

第3弾:朝食編←今ここ

まだまだ連載してシリーズ化しておきたいことはあるので、次回のブログもお楽しみに!

【Author】

DisabilityLogのコロです。

好奇心旺盛な車いす女子ブロガー
デザイナー/イラストレーター

可愛いもの・ディズニー・オシャレ好き
バリアフリー情報・観光案内
モデル経験あり

Follow
トラベル
Follow
DisabilityLog

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました